目的別におすすめする大阪の不動産投資ガイド

何から始めればいい?不動産投資の虎の巻 大阪編
投資タイプ別 不動産投資でオススメの会社3選in大阪

投資信託1口100万~

初心者向け!
ミドルリスク・ミドルリターンで
始める不動産投資信託

おすすめみんなで大家さん

不動産投資信託の新しいカタチ。
想定利回り5%~7.5%の高収益物件の賃貸利益を分配。J-REITのような変動もなく、長期的に安定した収益が期待!

ワンルームマンション投資~5000万

グループ力を生かし
多様な不動産投資の悩みに
無料相談で対応

おすすめ三菱UFJ不動産販売

ワンルームマンションなど区分マンションが豊富。MUFGグループとしての信頼感と、きめ細やかなコンサルティング力が定評な不動産投資会社。

1棟投資~1億円

ハイリスクだけど
ハイリターン!
一棟専門の不動産投資会社

おすすめ清陽通商

大阪周辺の一棟マンション・一棟アパートを専属に扱う不動産投資会社。
関西一円で250棟以上、2,000人以上の投資家との取引など実績豊富。

HOME » 不動産投資の成功者が知っている基礎知識 » 不動産投資の基礎知識:インカムゲインとキャピタルゲイン

不動産投資の基礎知識:インカムゲインとキャピタルゲイン

インカムゲインとキャピタルゲインってなに?

不動産投資から利益を上げる方法に、「インカムゲイン」と「キャピタルゲイン」があります。

不動産投資の基礎知識:インカムゲインとキャピタルゲイン この2つの言葉を英語表記にすると、「income gain」と「capital gain」になります。

incomeには「所得」、capitalには「資本」、gainには「利得」という意味があり、どちらも収入や利益を意味する言葉ですが、利益の上げ方に違いがあります。

インカムゲインは「所有した資産からの安定収入」

インカムゲインとは、「安定して継続的に得られる現金収入」のことです。 「銀行預金の利息」や「投資信託の収益分配金」などが、これにあたります。

不動産投資の場合であれば、家賃収入がインカムゲインになります。 毎月1回や毎年1回といったように、決まった時期に確実に得られる収益のことです。

キャピタルゲインは「資産の売買差益」

一方、キャピタルゲインとは「保有している財産の価値が変動することによって得られる収益」のことです。

例えば、「価格が安いときに購入しておいた金を、価格が高くなってから売却した時に得られる利益」がこれにあたります。

不動産投資の場合であれば、地価や建物の価値が上がった際に売却することで得られる収益がキャピタルゲインになります。

インカムゲインとキャピタルゲイン、どちらを選ぶ?

それでは、不動産投資においては「インカムゲイン」と「キャピタルゲイン」のどちらを選ぶべきなのでしょうか?

人によって判断は異なるところですが、ハイリスク&ハイリターンを望むならキャピタルゲイン、安定を何よりも大切にするならインカムゲイン…というように選ぶと良いでしょう。

長く安定した収入を望むならインカムゲイン

不動産におけるインカムゲインの代表は「家賃収入」です。 マンションでも一軒家でも、家賃収入は居住者がいる限り発生するので、安定した収入が期待できます。

ただし、地価が上がったり、近隣に大きな施設ができたりして人口が増えても、急に家賃を値上げすることはできません。そのため、利益を爆発的に増やすことは望めないのです。 とは言え、継続的な収入が得られることは大きなメリットでしょう。

また、売買ではないため所有権を残しておける点も、不動産投資でインカムゲインを重視する人が多い理由だと言えます。

キャピタルゲインはハイリスク&ハイリターン

キャピタルゲインは、インカムゲインよりも大きな利益を得られる可能性がある代わりに、「キャピタルロス」というリスクもつきまといます。

不動産投資で言えば、「人気の土地を購入したけれど、その直後に災害などによって地価が下がってしまい、購入価格よりも安く売ることしかできない…」といった状況がそれにあたります。投資額が大きければその分キャピタルロスも大きくなり、資産を減らしてしまうことにもつながるのです。

このように、キャピタルゲインはハイリスク&ハイリターンになりがちです。資金に余裕がある人や、先見の明に自信がある人向きの方法だと言えるでしょう。

どちらか迷ったときは専門家に相談を!

所有しているマンションを地価が下がる前に売りに出すか(キャピタルゲイン)、賃貸を続けるか(インカムゲイン)は、多くの人が悩まれるポイントです。

将来の利益を大きく左右する選択になるので、自分で判断できない場合は専門家の意見を参考にすると良いですよ。

 
PAGETOP